失業保険の疑問

資格の勉強・受験は合格しなくても求職活動実績になる?TOEICや簿記検定等

実際の求人へ応募せずに求職活動実績を作るにはいろいろな方法がありますが、資格の勉強・受験をするのも1つの方法

特に、これまでに経験していない新しい業界へ転職したいと考えている人にとっては、資格取得のために勉強をしながら、失業保険を受給することもできるのでおすすめです。

?

資格取得の受験で作る求職活動実績

例えば、最近わりと多いのは、応募資格にTOEICの点数の基準が設けられている会社

その企業に応募したいと考えている人は、過去にTOEICを受けたことがなかったり、他に英語力を証明するものがなければ基本的には受験する必要があると思いますし、TOEICを受験することで求職活動実績になります。

 

ほかにも、WEB系・IT系であればITパスポート試験や基本情報技術者試験、ウェブデザイン技能検定など。
また事務系であれば、簿記検定やマイクロソフトのMOSなどの資格受験も求職活動実績になります。

 

ちなみに、受験結果は不合格でも問題なく、受験することで実績としてカウントされます。
なので、受験票など資格受験の証明になるものを取っておくほうが認定にはスムーズになるのでおすすめですね。

 

資格受験の注意点

ひとつ注意点としてあげられるのは、受験するのはどんな資格でも良いわけではなく、自分が再就職で目指す方向性に合った資格であることが必要です。

あくまで、再就職のために応募するにあたって必要な資格、意味のある資格の場合に求職活動実績になるため、全く関連性が見られないなどの場合には、認定日にハローワークの方から質問を受けて、場合によっては求職活動実績として認められない可能性もあります。

 

なので、本当に自分の再就職に必要な資格を受験する、ということだけは注意しておきましょう。
もちろん、そのほうが本当に自分のためにもなりますしね。
それ以外は基本的には、受験料を支払って受けるような資格であればどんなものでも対象になります。

逆に対象外になってしまうのは、ネットで無料で受けられるような資格の場合。詳しくはこちらに書いています↓

関連記事)Google等の無料資格は求職活動実績になる?

 

資格を取得することは、必ずしも実際の業務に直結して役に立つとも限らないですが、その業界の専門的なところを勉強することは、応募~面接の段階でも当然プラスに働きます。熱心さも伝わりますしね。

新しい業界や、自分にはちょっとハードルが高いと思える企業への応募を考えているような場合は、いちど資格を取得することも検討してみてはどうでしょうか。

◎それ以外の実績の作り方については下記を参考にしてみてください↓
>>【実例紹介】おすすめの求職活動実績の作り方まとめ!


30歳以下の離職者は要チェック!

▼ビジネスマナーなど仕事の基礎を学べる転職支援サービス
>>経歴に自信がなくてもOK!無料でビジネスマナーを学び転職を有利に


再就職におすすめの転職サイト・転職エージェント

30~50代限定!「東京しごとセンター」
30~54歳で都内勤務を希望する方を対象にした転職支援サービス。
正社員未経験の方も歓迎しているため、気軽に利用できます。
セミナー参加や職業相談などで求職活動実績も作ることができます。
公式ページを見る

第2新卒専門の転職エージェント「マイナビジョブ20s」
20代を対象にした大手マイナビの転職支援サービス。
既卒・第2新卒や、新卒入社からすぐに退職した人など、職歴の浅い人も安心して利用できます。
書類作成から面接対策まで丁寧なサポートを受けられます。
公式ページを見る



総合系エージェント「DODA転職」
あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱う、業界第2位の実績を持つDODA。
私も転職時に利用しましたが、無料の面接セミナーなどサポートが手厚くおすすめです。
公式ページを見る

女性におすすめ「女の転職@type」
女の転職@type
営業から販売、事務、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う女性向けの転職サイト。
すべて女性を求めている求人になるため、女性の方はこちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。
公式ページを見る
派遣で賢く働くなら「マイナビスタッフ」
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつ。
正社員よりも給料が高くなる場合も多く、さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。

マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。 派遣からゆくゆくは正社員を目指せる”紹介予定派遣”の求人もあります。
公式ページを見る


>>その他、業界や働き方別のおすすめ転職サイト一覧はこちら


おすすめの求職活動実績の作り方

失業保険手当の受給に必要な求職活動の実績。
このサイトでは、おすすめの実績の作り方や、実績に入る活動と入らない活動の基準などについて、半年間の失業期間を経て再就職した私自身の経験からご紹介します。

求職活動実績の作り方をチェック