失業保険の受給方法

失業保険手当はいくらもらえる?1日あたりの支給金額の計算方法!

会社を退職後、失業保険手当を受給しようと考えるとき、まずいちばん気になるのがどれくらいの金額をもらえるのかということじゃないでしょうか。

この計算方法ですが、シンプルなようで、細かく出そうとすると意外と複雑なもの。
ここでは、詳しい手当日額の計算方法を紹介していきます。

計算するには、前職の給与額が必要になるため、給与明細などを用意して確認してみてください。

?

失業手当日額の計算方法

自分が、失業手当を1日あたりどれくらいの金額もらえるか。この計算方法はシンプルですが、年齢によっても変わってくるため詳しく紹介していきます。

以下が、金額を出すための基本式。基本手当日額というのが、1日あたりに支給される金額のことです。

基本手当日額 = 賃金日額 × 給付率

「賃金日額」というのは、前職の退職前6か月の給料の総額(ボーナスは除く)を180日で割った数字のこと。

例えば、月給30万円で特に残業代など他の支給がなかったとしたら、

300000(円)×6(ケ月)÷180(日)

で、賃金日額はちょうど1万円になります。実際にはここまできりのいい数字にはならないと思うので、給与明細などを見て計算してみましょう。

 

そして、次の「給付率」というのが、上で出した賃金日額や年齢によっても少し違いが出てきます。詳しくは以下の表から当てはまるところをチェックしてみてください↓

■離職時の年齢が30歳未満 or 65歳以上の人

賃金日額 2290~4580円 4580~11610円 11610~12740円 12740円~
給付率 80% 80~50% 50%

※手当日額6370円(上限額)

 

■離職時の年齢が30歳以上 45歳未満の人

賃金日額 2290~4580円 4580~11610円 11610~14150円 14150円~
給付率 80% 80~50% 50%

※手当日額7075円(上限額)

 

■離職時の年齢が45歳以上 60歳未満の人

賃金日額 2290~4580円 4580~11610円 11610~15550円 15550円~
給付率 80% 80~50% 50%

※手当日額7775円(上限額)

 

■離職時の年齢が60歳以上 65歳未満の人

賃金日額 2290~4580円 4580~10460円 10460~14860円 14860円~
給付率 80% 80~45% 45%

※手当日額6687円(上限額)

参照)厚生労働省HP

賃金日額と上の表から給付率が分かれば、あとはその数字をかければ、1日あたりにもらえる手当日額が分かります。

ただ、気になるのは80~50%の部分。だいぶ幅が広いなと感じると思います。しかも、ここの範囲に当てはまる人はけっこう多いんじゃないかと思います。

給付率80%~50%の場合の金額を決める計算方法は?

この給付率80%~50%(60歳以上の人の場合は45%)のところを詳しく計算する方法。これは正直、かなりややこしいです。何でこんなことになってるの?とイラッとするぐらい複雑。

もし計算が嫌な人は、ハローワークに問い合わせするか、金額が提示されるのを待つというのでもいいと思います。

ただ、いちおう計算式も以下に紹介しておきます。

基本手当日額 = (69980 × 賃金日額 - 3 × 賃金日額の2乗)÷ 70300

これが基本式。いや、何かまず桁が大きすぎ!って思いますよね。でも実際これで計算されているみたいです。算数(数学?)が嫌いな人からすれば計算する気がおきない感じですよね。

ただ、ここでは試しに計算してみましょう。まず賃金日額が5000円だったとします。すると、

69980×5000 - 3×5000×5000

349900000-75000000

274900000÷70300

3910.384…

となります。つまり手当日額は約3910円となります。

もし退職前などの段階で早く正確な金額が知りたいという人は、計算してみてください。

どのくらいの期間もらえるのか

上の計算で自分の手当日額が分かったあとは、もうひとつ気になるのは、その日当をどれくらいの期間もらえるのかと言うことだと思います。
この期間に関しても、少し複雑な場合もあるため下の記事に詳しくまとめています↓

関連記事)失業保険手当はいつからいつまでもらえる?

大きく分けると、自己都合退職か会社都合退職かによって、いつからもらえるか、どれくらいの期間もらえるかが大きく変わってきます。

以上、失業保険手当の計算方法についてでした。金額が分かれば、その後の生活・再就職活動なども考えやすくなるため、早めに出しておくのがおすすめです。


30歳以下の離職者は要チェック!

▼ビジネスマナーなど仕事の基礎を学べる転職支援サービス
>>経歴に自信がなくてもOK!無料でビジネスマナーを学び転職を有利に


再就職におすすめの転職サイト・転職エージェント

30~50代限定!「東京しごとセンター」
30~54歳で都内勤務を希望する方を対象にした転職支援サービス。
正社員未経験の方も歓迎しているため、気軽に利用できます。
セミナー参加や職業相談などで求職活動実績も作ることができます。
公式ページを見る

第2新卒専門の転職エージェント「マイナビジョブ20s」
20代を対象にした大手マイナビの転職支援サービス。
既卒・第2新卒や、新卒入社からすぐに退職した人など、職歴の浅い人も安心して利用できます。
書類作成から面接対策まで丁寧なサポートを受けられます。
公式ページを見る



総合系エージェント「DODA転職」
あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱う、業界第2位の実績を持つDODA。
私も転職時に利用しましたが、無料の面接セミナーなどサポートが手厚くおすすめです。
公式ページを見る

女性におすすめ「女の転職@type」
女の転職@type
営業から販売、事務、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う女性向けの転職サイト。
すべて女性を求めている求人になるため、女性の方はこちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。
公式ページを見る
派遣で賢く働くなら「マイナビスタッフ」
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつ。
正社員よりも給料が高くなる場合も多く、さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。

マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。 派遣からゆくゆくは正社員を目指せる”紹介予定派遣”の求人もあります。
公式ページを見る


>>その他、業界や働き方別のおすすめ転職サイト一覧はこちら


おすすめの求職活動実績の作り方

失業保険手当の受給に必要な求職活動の実績。
このサイトでは、おすすめの実績の作り方や、実績に入る活動と入らない活動の基準などについて、半年間の失業期間を経て再就職した私自身の経験からご紹介します。

求職活動実績の作り方をチェック