求職活動実績の嘘はどうやってハロワにばれる?不正受給で罰金のリスクも

失業保険手当を受給するようになると、4週間に1度やってくる失業認定日
この日までに求職活動実績を作って、ハローワークに報告する必要があります。

ただ、認定日までに実績が作れなかった場合。中には、嘘の実績を作って通してしまおうか?と考える人もいるようです。

 

嘘の求職活動実績を作るのはNG

求職活動実績になるものとしては、例えば企業の求人への応募などがあります。

これを「嘘の実績」にしようと考えている人。

つまり、「求職活動実績を作れなかったけど、手当は受給したい。だから、本当は応募していないけど適当な会社を求人サイトから見つけて応募したことにしよう」と考え、実際に記入して提出しようと考えている人。

それは止めたほうがいいです。

「そんな不正をしてはいけない!」という倫理的な面もありますが、それだけじゃなく、単純に自分にとって高いリスクがあり、あまり得がないやり方だからです。

 

嘘の実績はハローワークにばれる

ハローワークでは、求職活動実績として提出された内容に関して、例えば求人応募が書かれていた場合、応募先企業への応募の事実確認を行う
とされています。

つまり、企業に対して「○○さんが求人応募されていますか?」という事実確認を行うということ
そこで実際には応募していない企業名を書いていた場合は、ばれてしまうというわけです。

※あくまで個人的な予想ですが、実際のところすべての求人応募が確認されているかというと、そうではないのでは?と思います。

ハローワークの説明会などに参加した人は分かると思いますが、失業保険を受給している人はかなり多いですよね。
それに対して、ハローワークの職員はそれほど人数が多いわけでもない。

そのためおそらく、すべての受給者の求職活動に対して、ひとつひとつ「これは本当に正しい情報か」とチェックしきれないんじゃないかと思います。

実際には、何割かをピックアップして確認するというやり方になっているんじゃないかと。

とはいえ、自分の実績が確認されない保証はなく、やっぱり実績で嘘を書くというのは、ただのハイリスク・ローリターンなやり方でしかないと思いますね。

 

嘘の実績がばれたときの罰金はかなり重い

仮に「嘘の求職活動実績」を報告し、それが嘘だとばれてしまった場合。
これはもちろん「不正受給」に該当します。

ハローワーク公式サイトをチェックすると、不正受給の例として以下の内容が挙げられています↓

  • 実際には行っていない求職活動を、「失業認定申告書」に実績として記すなど偽りの申告を行った場合
  • 就職や就労(パートタイマー、アルバイト、派遣就業、試用期間、研修期間、日雇などを含む。) したにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、偽りの申告を行った場合
  • 自営や請負により事業を始めているにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、 偽りの申告を行った場合
  • 内職や手伝いをした事実及びその収入を「失業認定申告書」に記さず、 偽りの申告を行った場合
  • 会社の役員に就任(名義だけの場合も含む。)しているにもかかわらず、「失業認定申告書」 に記さず、偽りの申告を行った場合
  • 定年後、「積極的に就職しようとする気持ち」や「いつでも就職できる能力(身体的・環境的)」 がなく、しばらく失業給付を受け、受給終了直後に年金を受給しようと考えている者が、「失業認定申告書」により偽りの申告を行った場合

参照)ハローワークインターネットサービス

実際には応募していない企業名を書いた場合、これのいちばん上の項目にモロに該当してしまいますね。

ちなみに、不正受給をした場合の罰則は、かなり厳しい内容になっています。

基本手当等が一切支給されず、不正に受給した基本手当等の相当額(不正受給金額)の返還が命ぜられます。

さらに、返還が命ぜられた不正受給金額とは別に、直接不正の行為により支給を受けた額の2倍に相当する額以下の金額の納付(いわゆる「3倍返し」)が命ぜられることとなります。
参照)ハローワークインターネットサービス

ハローワークのサイトで「3倍返し」という言葉が使われていることからも、ここの違反に関してはかなり厳しく対応されることが分かりますね。

失業中はただでさえお金に余裕がないのに、それが逆に3倍支払わなければいけなくなるというのは、痛すぎますよね。

それを考えてもやっぱり「嘘の求職活動実績」は、かなりハイリスク・ローリターンだと思います。

リターンは、「万が一嘘だとばれなければ、実際には実績を作ってなくても手当を受給できる。」というだけです。
ばれないかハラハラしたりしそうだし、精神的にも全く良いものじゃないと思います。

 

正当な求職活動実績は簡単に作れる

そんなリスクをおかさなくても、求人への応募以外でも、まっとうな方法で求職活動実績を作る方法はいろいろあります。

例えば、このサイトでも紹介している以下のような方法↓

ハロワで開催されるセミナーに参加する

これは多くの人が参加しているかもしれないけど、ハローワークではいくつかの無料セミナーが開催されています。

これに参加すれば求職活動実績として1回カウントされます。

いくつか別のセミナーが開催されていることもあるので、セミナー情報をチェックしておくのがおすすめです。

 

転職エージェントの無料セミナーに参加する

また、転職エージェントに登録すると、無料でセミナーに参加できるところもあります。

私が利用していたのは「【DODA】転職エージェント」でしたが、いくつかの無料セミナーが開催されていました。
私が参加したのは「面接対策セミナー」で、専門家の外部の講師が来て話してくれて、本当に実際の面接で役に立った内容でした。

それ以外にも、例えばIT業界向けセミナーなど、業界や職種などを絞ったセミナーが開催されていることも多いので、役立つ情報を得られるはずです。

しかも、この無料セミナーへの参加が求職活動実績にできるので、かなりお得だと思います。

◎DODA転職エージェントの詳細はこちら↓
【DODA】転職エージェント

ただし、実績として報告する際には「参加証明書」があったほうが認定がスムーズです。受付などでもらえるはずなので、参加した場合はもらっておくようにしましょう。

関連記事)転職エージェントを利用するメリットとは?

 

転職フェスに参加する

これも、業界や年代などに特化したものも多いけど、転職フェスティバルに参加するという方法。

求人募集している多くの企業が一同に集い、参加者はそこで会社や仕事の詳しい話を聞くことができるというもの。さらに、興味があればそこで面接に進める場合もあります。

これも、参加すれば求職活動実績になります。

※転職フェスの場合も、「参加証明書」をもらっておくほうようにしましょう。

 

資格を受験する

資格を受験することも、求職活動実績になります。
まあ実績を作るためだけに受験するというのは微妙かもしれないけど、例えばTOEICなどは約5000円で受験可能。

失業中の身にとっては決して安くない金額かもしれないけど、最近はTOEICのスコアを基準に設けている企業も少なくないため、再就職に役立つ資格の一つでもあると思います。

もし自分に役立ちそうな資格があれば、資格試験を受験してみるのもおすすめです。
ちなみに、合否やスコアは実績認定に影響ありません(受験したこと自体が実績になります)

 

まとめ

以上、「嘘の求職活動実績」はハローワークにばれる可能性が高くほぼリスクしかない、という話でした。

リスクをおかして嘘の実績を作ろうとするより、再就職活動に役立つ活動・再就職につながる行動をしていれば、普通に実績はできていくものだと思います。

関連記事)求職活動実績が計12回以上必要な人へ 応募以外で実績を作るおすすめの方法


おすすめの転職サイト・転職エージェント

◎未経験から正社員を目指せる:
ハタラクティブ


主に未経験者を対象とした転職支援サービス。
30歳以下の若者を対象に、完全に未経験でも正社員として就職できる求人をメインに扱っています。
既卒や元フリーター、過去に正社員としての就業歴がないなど、職歴にあまり自信がないと思う方は、利用してみてはどうでしょうか。
キャリアサポートも丁寧に行ってくれます。

公式サイト
ハタラクティブ



■総合系エージェント:
【DODA】転職エージェント



業界第2位の実績を持つDODAは、あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱っています。
個人的にも転職時に利用していた転職エージェントですが、無料の面接セミナーなどもありサポートが手厚いサービスでおすすめです。

公式サイト
【DODA】転職エージェント



★女性向け:
女の転職@type



営業からサービス・販売、事務系、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う転職サイト。
同じ営業職としても特に女性を求めている求人になるため、特に女性の人であれば、こちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。

公式サイト
女の転職@type



♪派遣で賢く働くなら:
マイナビスタッフ



正社員よりも給料が高くなる場合も多い派遣スタッフ。
さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつだと思います。
マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。

公式サイト
マイナビスタッフ



◇IT・Web系に特化:
レバテックキャリア



IT/Web系のエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェント。
総合系のエージェントよりも業界に精通したコンサルタントに相談できるのがメリット。
求人情報も非公開案件も含めて豊富に用意されています。

公式サイト
レバテックキャリア



>>その他、ジャンル別のおすすめ転職サイト一覧はこちら