失業保険の疑問

フリーランスや起業など退職後に独立する場合、失業保険は受給できる?

会社を退職した後、フリーランスや起業などで独立を考える人もいると思います。

そういう人の場合、失業保険を受給することはできるんでしょうか。

つまり、失業保険を受給しながら、独立を考えて準備を進めていくことは可能なのか
について紹介していきます。

 

?

独立を考えていても失業保険の受給は可能

ハローワークの場合、手続きを行っている場所によっても意見が違う場合もあったりするようなので、これは最終的には自身で確認もしていただきたいところなのですが、私が確認した内容をまとめると、

結論から言えば、会社を退職した後で独立しようという意志を持っている人も、失業保険を受給することは可能なようです。

以前は、独立を考えている人が受給することはできなかったものの、政府が独立を後押しするために調整を行い、独立の意志がある人も受給できる方向に変わったようです。

 

ただ、わりと大きな注意点があって、「起業・独立もひとつの選択肢として考えている」という状態であれば受給資格はあるけど、実際に法人登記や個人事業の届け出を出すところまでいってしまうと、「就職の意思がなくなる」と見なされ失業手当はもらえなくなってしまうそうです。

つまり、「企業に就職する意志はあるけど、独立するのもアリかと思ってる」という、ちょっと中途半端?なポジショニングを取ることが必要ということ。

要するに、起業準備のみだと、企業への応募活動など求職活動実績に必要な行動をしなくなるためなのだと思います。

関連記事)おすすめの求職活動実績の作り方

 

つまり、最初から起業のみを考えている人は基本的に失業保険を受給するのは難しいということですね。

ただ、逆を言えば、企業に就職する意思を数パーセントでも持っていれば、受給資格はあるともいえます。

 

再就職手当をもらうことはできる

一方で、独立のみを考えている人の場合は、失業保険の受給は難しいけど、再就職手当をもらうことは可能です。

再就職手当は、企業への再就職が決まった場合にのみもらえる手当というイメージがあるかもしれないけど、自分で起業した場合にも自分の会社に就職、という意味で再就職手当を受給することができます。

 

ただ、これにも以下のような条件があります。

  • ハローワーク初回訪問+待機期間7日間経過後に自営業の準備を開始したこと。
  • 給付制限のある方は、待機期間後にさらに1ヶ月を経過した後から自営業の準備を開始したこと。
  • 自営業が、1年を超えて事業を安定的に継続して行うことができる、自立したものと認められること。
  • 事業の準備を開始した日の前日までの失業認定を受けた上で、支給残日数が所定給付日数の3分の1以上あること。
  • 事業を開始した日より前、3年以内の就職により「再就職手当」や「常用就職支度金手当」などの手当を受けたことがないこと。

 

ちなみに、おそらく気になるのが2番目の「事業を安定的に継続して行うことができる、自立したものと認められる」という部分じゃないかと思います。

これは、厳密には証明することは難しい内容ではあるものの、説得材料を用意することが重要なようです。例えばフリーランスの方であれば、業務委託契約書などがあれば、仕事が安定して入るという説得材料になるとのこと。

ここはハローワークの担当者に相談しつつ材料を集めるのが良いかと思います。

 

再就職手当といっても、30万円以上支給される場合もあるようなので、独立を考えている場合には決して小さくない金額ですよね。

会社を退職した時点で、独立の意志が強く固まっている場合は、ぜひ再就職手当の受給をおすすめします。

 

フリーランスにおすすめのサービス

ちなみに、フリーランスのデザイナーやエンジニアなどで独立を考えている人の場合、前職のつながりや紹介などで仕事を受託する人も多いかもしれませんが、最近はフリーランス向けの案件を集めて提案してくれるサービスも増えてきています。

 

転職エージェントのように担当のコンサルタントが付いて案件を紹介してくれるところもあるため、案件をじっくり選びつつ、フリーランスとしての仕事を効率よく進めていきたい人は利用してみるのもおすすめです。

おすすめは、フリーランス(個人事業主)のエンジニア、デザイナー向けにWeb系中心の案件を紹介してくれるレバテックフリーランスです。

以上、独立を考える人の失業保険受給についてでした。やっぱり失業保険って複雑なケースが多いですね…。


site穴場の求人も?業界別おすすめ転職サイトをチェック!


30歳以下の離職者は要チェック!

▼月20万円相当が無料!プログラミングスクールで未経験から手に職をつける
>>30歳まで完全無料!失業中に通えるプログラミングスクール【これからの就職に圧倒的有利】

▼ビジネスマナーなど仕事の基礎を学べる転職支援サービス
>>経歴に自信がなくてもOK!無料でビジネスマナーを学び転職を有利に


再就職におすすめの転職サイト・転職エージェント

30~50代限定!「東京しごとセンター」
30~54歳で都内勤務を希望する方を対象にした転職支援サービス。
正社員未経験の方も歓迎しているため、気軽に利用できます。
セミナー参加や職業相談などで求職活動実績も作ることができます。
公式ページを見る

20代限定!未経験から正社員転職「就職shop」
リクルートが運営する、経験が浅い20代の求職者を対象にした転職支援サービス。
既卒・第二新卒・フリーターなど、就業経験の浅い若者をポテンシャル重視で採用する企業を扱っているため、内定率の高さに定評があります。

100%取材済みの優良企業を厳選しているので、いわゆるブラック企業に当たる確率がほぼありません。 書類作成・面接対策までしっかりサポートしてもらえます。
公式ページを見る



総合系エージェント「DODA転職」
あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱う、業界第2位の実績を持つDODA。
私も転職時に利用しましたが、無料の面接セミナーなどサポートが手厚くおすすめです。
公式ページを見る

女性におすすめ「女の転職@type」
女の転職@type
営業から販売、事務、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う女性向けの転職サイト。
すべて女性を求めている求人になるため、女性の方はこちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。
公式ページを見る
派遣で賢く働くなら「マイナビスタッフ」
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつ。
正社員よりも給料が高くなる場合も多く、さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。

マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。 派遣からゆくゆくは正社員を目指せる”紹介予定派遣”の求人もあります。
公式ページを見る


>>その他、業界や働き方別のおすすめ転職サイト一覧はこちら


おすすめの求職活動実績の作り方

失業保険手当の受給に必要な求職活動の実績。
このサイトでは、おすすめの実績の作り方や、実績に入る活動と入らない活動の基準などについて、半年間の失業期間を経て再就職した私自身の経験からご紹介します。

求職活動実績の作り方をチェック