失業保険の疑問

失業中に学校や教室に通うのは求職活動実績になる?無料でスキルが身につくおすすめのサービスも

失業中に学校や教室に通うのは求職活動実績になる?

失業保険の受給中は、月に2回の求職活動実績を作る必要があります。

実績として認められる活動の基準としては、大まかにいえば「就業するための積極的な行動」という感じでしょうか。

求人に応募するのはもちろん実績になりますし、転職に役立つセミナーへの参加や、転職に有利になる資格を受験するのも求職活動実績になります。

では、自分のスキルをアップさせるために特定の技術や知識などを学ぶスクールに通うのは、求職活動実績になるのでしょうか。
ここでいうスクールとは、たとえばパソコン教室や英会話学校などのことです。

?

スクールに通うのは求職活動実績にはならない。でもおすすめ

私が通っていた都内のハローワークに問い合わせてみたところ、結論から言えば、
学校や教室に通っても求職活動実績には認められません。

資格受験が認められるのに…と、若干矛盾を感じるものの、ハローワークの回答としてはそうなっているようです。

※ハローワークの場所によって見解・基準は変わる可能性があります。場所や学校のジャンルなどによっては、活動実績に認められる場合もあるかもしれません。

 

とはいえ、失業中って仕事をしているときは考えられないぐらい、時間の余裕ができますよね。
もちろん転職活動に忙しい人もいると思いますが、月1~2回程度ハローワークに通う以外は、基本的に何をしても自由な期間と言えます。

なのでこの時間を利用してスキルを伸ばしたり、新しいスキルを身に付けたりするのはかなりおすすめです。
転職活動の面接で「失業中何をしていましたか?」と聞かれても答えやすいし、新しいスキルを積極的に学ぼうとする姿勢は好印象を持たれるでしょう。

とはいえ、失業中にお金がかかるのは避けたい

ただ失業中って、時間はあるけどお金はないという状態の人が多いんじゃないかと思います。
私も退職前にあまり貯金していなかったので、失業中はあまり余裕がなく外食を控えたり節約していました。

なのでスクールに通うといっても、高額なお金がかかるものだと厳しいですよね。
そこでおすすめなのが、無料でスキルを学べる民間のサービスを利用することです。

職業訓練に通うのもひとつではありますが、正直ここで学べるのはあまり実戦的とはいえない内容。転職活動でもなかなか役に立ちづらいと思います。

*職業訓練に通うことで受給期間を延ばすことはできるので、そういう意味ではおすすめです。

関連記事)
最長期間は820日!職業訓練で失業保険手当の給付期間を延長する方法!

無料でスキルを学べて求人も紹介してくれる!おすすめの転職支援サービス

現在はいろんな転職支援サービスが登場していますが、中でもおすすめは下の2つ。
スキルの習得と転職支援がセットになったものです。

どちらも未経験向けの転職支援サービスのため、対象が30歳以下の人限定にはなりますが、
完全無料で参加できるので20代の人はメリットが多すぎるので、かなりおすすめです。

①月20万円相当が無料!プログラミングスクール「エンジニアカレッジ

▼詳しい紹介記事はこちら
プログラミングスキルを身に付け、未経験からIT業界へ転職できるサービス

②ビジネスマナーなど仕事に必要な基本スキルを学べる「JAIC

▼詳しい紹介記事はこちら
無料でビジネスマナーを学んでから転職へ!元フリーターも大学中退者もOK

①の「エンジニアカレッジ」は、一般的に月10~20万円程度が相場のプログラミングスクールの講座を、30歳以下なら完全無料で受けられるもの。
プログラミング・ITスキルは今後もニーズが大きいと見込まれていますし、「IT業界に興味があるけど経験はない」という人にはかなりおすすめ。未経験から手に職をつけられます。

②の「JAIC」は、主に営業職などの求人を扱う転職支援サービス。ビジネスマナーなど仕事の基本を学べるため、就業経験が浅い人などにおすすめです。

 

もちろんスクールなどで学ぶ内容に比べると、どうしても基礎的な内容になりますが、それを理解した転職先企業も集まっているサービスなので、転職に直結する学びになります。

まとめ

お金に余裕があり、また自分が身に付けたいスキルが明確になっている人は民間のスクール・教室などに通うのも良いと思います。

ただ失業中であまり余裕がない…という人なら、無料で利用できるサービスを使ってみるのがおすすめですよ。

一人の時間が増えがちな失業中の時間を有意義に過ごせる上、知り合いも増えたりするので、日々の生活に充実感も生まれます。


30歳以下の離職者は要チェック!

▼ビジネスマナーなど仕事の基礎を学べる転職支援サービス
>>経歴に自信がなくてもOK!無料でビジネスマナーを学び転職を有利に


再就職におすすめの転職サイト・転職エージェント

30~50代限定!「東京しごとセンター」
30~54歳で都内勤務を希望する方を対象にした転職支援サービス。
正社員未経験の方も歓迎しているため、気軽に利用できます。
セミナー参加や職業相談などで求職活動実績も作ることができます。
公式ページを見る

第2新卒専門の転職エージェント「マイナビジョブ20s」
20代を対象にした大手マイナビの転職支援サービス。
既卒・第2新卒や、新卒入社からすぐに退職した人など、職歴の浅い人も安心して利用できます。
書類作成から面接対策まで丁寧なサポートを受けられます。
公式ページを見る



総合系エージェント「DODA転職」
あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱う、業界第2位の実績を持つDODA。
私も転職時に利用しましたが、無料の面接セミナーなどサポートが手厚くおすすめです。
公式ページを見る

女性におすすめ「女の転職@type」
女の転職@type
営業から販売、事務、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う女性向けの転職サイト。
すべて女性を求めている求人になるため、女性の方はこちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。
公式ページを見る
派遣で賢く働くなら「マイナビスタッフ」
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつ。
正社員よりも給料が高くなる場合も多く、さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。

マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。 派遣からゆくゆくは正社員を目指せる”紹介予定派遣”の求人もあります。
公式ページを見る


>>その他、業界や働き方別のおすすめ転職サイト一覧はこちら


おすすめの求職活動実績の作り方

失業保険手当の受給に必要な求職活動の実績。
このサイトでは、おすすめの実績の作り方や、実績に入る活動と入らない活動の基準などについて、半年間の失業期間を経て再就職した私自身の経験からご紹介します。

求職活動実績の作り方をチェック

こんな記事も読まれています