失業保険の疑問

求人サイトからのネット応募は求職活動実績になる?問い合わせだけの場合は?


20代におすすめすぎるサービス

▼プログラミングやITスキルを身に付けられる転職支援サービス
>>【受講無料】ITスキルを身に付け未経験からIT業界へ

▼ビジネスマナーなど仕事の基礎を学べる転職支援サービス
>>経歴に自信がなくてもOK!無料でビジネスマナーを学び転職へ


募集されている求人に実際に応募することは、当然求職活動の実績になりますが、ハローワークの求人だけでなく、フリーペーパーや求人サイト等を見て応募した場合も、失業認定申告書に書ける実績となるのでしょうか。

 

結論から言うと、求人サイトでも求人誌でも、どんな経緯からでも、求人に応募した場合は求職活動の実績になります。

応募した段階で実績になるため、結果は関係なく、たとえ書類選考で不採用となってしまった場合も、最終的には自分の意志で辞退した場合も、申告書に書いて認定を受けることができます。

ただし、条件について詳しく聞きたくて企業へ問い合わせなどをしただけの場合は、実績にならないので注意しましょう。あくまで応募が完了した段階で実績になります。

>>再就職活動に必須!おすすめの転職サイトはこちら

 

?

求人サイトで応募した場合の申告書の書き方

求人サイトから応募したら、「失業認定申告書」の中の、
「失業の認定を受けようとする期間中に、求職活動をしましたか。」
の(2)「事業所の求人に応募したことがある場合には、下欄に記載してください」と書かれている場所に、応募先の企業名や電話番号など必要な項目を記載します。

また、「応募の結果」の欄には、現在の状況に当てはまるものに丸をつけましょう。
まだ応募しただけで何も結果が分からない場合は、「結果まち」を丸で囲みます。

これで応募実績の申告は完了です。

download

簡単に済んでしまうことから、実際には応募していない求人の内容を書いてしまっても大丈夫なのでは?と考えてしまう人もいるかもしれませんが、ハローワークから応募先企業に連絡して本当に応募があったかを確認しているそうなので、虚偽の申告になってしまい、認定を受けられなくなってしまいます。すると当然、失業保険の受給もできません。

なので、当然ですがちゃんと本当に応募して、それを実績として申告するようにしましょう。

とはいえ、とにかく実績を作るためだけにやみくもに応募するのも、企業からすると迷惑なことにはなってしまいます。

求人サイトよりも転職エージェントがおすすめ

個人的には、やっぱりまずは、どんな業界のどんな会社に進みたいのかを、しっかり考えてから具体的な応募に進むことが、正しい再就職活動なんじゃないかと思っています。

いまの時点で、自分の強みや進みたい業界・内定の可能性が高い企業が分からない、という場合は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

転職エージェントでは、無料で参加できるセミナーが開催されていることも多く、そのセミナー参加を求職活動実績にすることもできます

私が利用していたのはDODA転職エージェントでしたが、参加した「面接対策セミナー」は外部講師の方による講義で、かなりタメになりました。

>> DODA転職エージェント公式サイト

これまで非正規での仕事経験しかないなど、職歴に自信がない場合でも、最近は「未経験から正社員を目指す人向けの転職サービス」も登場しています。いちど相談してみてはどうでしょうか。

>>バイトや派遣経験のみから正社員を目指すなら注目の転職サービス!

転職エージェントは、自分に合う仕事や会社をじっくり探しながら活動していく上で、ぴったりのサービス。少し緊張するのも最初の面談だけですよ。

以上、求人サイトから応募した場合の、失業認定申告書の書き方についてでした。

再就職におすすめの転職サイト・転職エージェント

未経験から正社員を目指せる「就職shop」
リクルートが運営する、経験が浅い20代の求職者を対象にした転職支援サービス。 既卒・第二新卒・フリーターなど、就業経験の浅い若者をポテンシャル重視で採用する企業を扱っているため、内定率の高さに定評があります。 100%取材済みの優良企業を厳選しているので、いわゆるブラック企業に当たる確率がほぼありません。 書類作成・面接対策までしっかりサポートしてもらえます。
公式ページを見る


総合系エージェント「DODA転職」
あらゆるジャンルの求人情報を豊富に取り扱う、業界第2位の実績を持つDODA。私も転職時に利用していましたが、無料の面接セミナーなどサポートが手厚くおすすめです。
公式ページを見る

女性におすすめ「女の転職@type」
女の転職@type
営業から販売、事務、クリエイティブ系まで幅広い求人を扱う女性向けの転職サイト。すべて女性を求めている求人になるため、女性の方はこちらの求人サイトを通したほうが選考通過~内定の可能性は高くなる傾向に。
公式ページを見る
派遣で賢く働くなら「マイナビスタッフ」
もはや正社員の安定性というのも薄れてきた現在、派遣は賢い働き方のひとつ。 正社員よりも給料が高くなる場合も多く、さらに残業無し・時短勤務も可能など、自分のスタイルに合わせて働けるのが魅力です。 マイナビスタッフでは、幅広い職種の仕事を全国から探すことができます。 派遣からゆくゆくは正社員を目指せる”紹介予定派遣”の求人もあります。
公式ページを見る

IT・Web系に特化「レバテックキャリア」
IT/Web系のエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェント。 総合系のエージェントよりも業界に精通したコンサルタントに相談できるのがメリット。 求人情報も非公開案件も含めて豊富に用意されています。
公式ページを見る


>>その他、ジャンル別のおすすめ転職サイト一覧はこちら


おすすめの求職活動実績の作り方

失業保険手当の受給に必要な求職活動の実績。
このサイトでは、おすすめの実績の作り方や、実績に入る活動と入らない活動の基準などについて、半年間の失業期間を経て再就職した私自身の経験からご紹介します。

求職活動実績の作り方をチェック